中古車が安い時期はいつ?良質な中古車を格安で購入できるタイミングについて

中古車が安い時期

  • できるだけ車を安く買いたい
  • 中古車を探しているけど意外と高い

こういった悩みを持っていませんか?

車を安く買いたい人は中古車を選択すると思いますが、実際に探してみるとそこまで安くないことが多いです。
特に、高年式・低走行の車両だと、新車と変わらない値段で売られていたりします。

これだと、中古車の意味がありませんよね。

格安で中古車を手に入れたいのなら、購入する時期を考えるようにしましょう。
実は、一年の中で中古車の価格は、上がったり下がったりしています。

つまり、時期によっては値下げされているので、そこを狙うことで安く中古車を購入することができるわけです。
これから車を購入する予定がある人は、参考にしてみてください。

需要が下がる時期に中古車価格は安くなる

中古車の価格は需要によって決まっており、需要が下がれば安くなり、需要が上がれば高くなります。
簡単に言うと、中古車を欲しがる人が少ない時に、価格が安くなるということです。

中古車を欲しい人が増える繁忙期には、放っておいても売れるため中古価格は高騰する傾向にあります。

一方、中古車を購入する人が減る時期だと、売上が極端に下がってしまうでしょう。
それを防ぐために、中古車販売店では閑散期に中古価格を下げて、購入者を増やそうとするんですね。

なので、中古車を安く購入するなら、需要が下がる時期を見極める必要があります。

具体的には、以下のような時期です。

中古車が安くなる時期

4~5月の春先

一年の内で最も中古車が安くなるのは、「4~5月」です。
春先には中古車の需要が落ち着きますから、この時期を狙えば相場よりも安く購入することができます。

自動車業界は2~3月が最も販売台数が増えるピークですが、その時期を過ぎると閑散期となるためです。
自動車メーカーは3月が決算期なので、その時期に新車の値引きを大きくして一気に販売台数を増やします。

すると、乗り換えのために車を売却するため、中古車市場に車が増えるわけです。
この時期の中古車は台数が多いですから、目当ての車が見つかりやすいというメリットはありますね。

ただ、新生活のシーズンと重なるので、新社会人や学生が中古車に殺到することで中古価格は高騰してしまいます。
そのため、2~3月には新車価格が下がり、中古車価格が上がるという面白い現象が起こります。

春先には車が必要な人が増えますが、購入するなら4月以降にする方が良いでしょう。

大型連休の直後

ゴールデンウィークやお盆休みなど、大型連休はレジャーなどでお金を使うことが多いですよね。

なので、連休の直後は大きな買い物をする人は少ないです。
中古車市場は閑散期となるため、この時期に値下げをして販売数を増やそうとする販売店が増えます。

また、連休中に車を使用して休み明けに車を売却する人も多いので、連休後には中古車市場の流通量が多くなるでしょう。
自分の欲しい車を見つけやすくなりますから、中古車を購入するには適している時期だと言えます。

ボーナスの支給前(6月・11月)

ボーナスが近くなると、ほとんどの家庭では財布のひもが固くなりますよね。
多くの会社では7月・12月がボーナス支給となるので、その前月に車を購入する人は少ないでしょう。

そのため、6月と11月には、中古車の価格が下がりがちです。
週末の新聞チラシに中古車販売店のセール広告が入りますし、大手の販売店では大々的にテレビCMを流したりします。

店頭での値引きにも応じてくれやすくなるので、かなり安く中古車を買うことができたりしますね。
ボーナスの前は経済的に厳しいかもしれませんが、この時期は狙い目だと言えます。

年末の12月

クリスマスやお正月などイベントが重なる時期なので、大きな買い物をしない人が多いです。
年末は仕事で忙しい時期ですから、納車手続きでバタバタしたくありません。

車を購入するにしても、年明けからゆっくり考えようとするのが普通ですよね。
こういった理由から、年末には中古車の需要が下がってしまいます。

そこで、中古車販売店としては年内に売り上げを確保したいので、年末セールなどを行って値下げをしたりします。
車両によっては、2割以上の大幅値引きをすることもありますね。

年をまたぐと中古車の年式が古くなるので、市場価値が下がってしまうからです。
たとえば、4年落ちと5年落ちとでは、1年の差ですが大きく異なります。

中古車は高年式ほど価値が高いですから、何とかして年内に売りたいと考えるんですね。
交渉によっては、さらに値引きできる可能性があり、年末は中古車の買い時です。

中古車を欲しがる人が多い時期は価格が高騰する

中古車が安くなる時期があれば、逆に高くなる時期もあります。
何も考えずに中古車を購入してしまうと、相場以上の価格で掴んでしまって損をするかもしれません。

基本的に、みんなが中古車を欲しがるような時期は、中古価格は高くなると思っておいてください。

たとえば、以下のような時期ですね。

中古車が高くなる時期

2~3月

年間で最も中古車が高くなるのは、2~3月だと言われています。
これは、春の新生活に備えて新社会人や学生などで、中古車を購入する人が増えるからですね。

また、3月は新車販売がピークを迎える時期なので、乗り換えに伴って中古車市場の流通量が大幅に増えます。
この時期を狙って中古車を購入する人もいますから、中古車の需要が最大になるということです。

ただ、2~3月は中古車価格が高くなりますが、それだけ台数が多いので良質な車両も多く出回っています。
選択肢が広がりますから、お金に余裕があるならこの時期に購入しても良いかもしれません。

大型連休の直前

ゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆休みなど、大型連休はレジャーなどで車の需要が上がります。
なので、連休に備えて中古車を購入する人が増えますね。

特に、ミニバンやSUVなどの人気が高まるので、これらの車種は中古価格が高騰しがちです。
レジャー用途の車が欲しいのなら、この時期は避けた方が良いと思います。

一方、軽自動車やコンパクトカーであれば、そこまで価格が上がらない車種もありますね。
販売店で価格をチェックしてみて、手ごろな値段なら購入しても良いかもしれません。

夏のボーナスの直後

ボーナスが入ったら、中古車を買おうとする人は多いです。
まとまった金額が入ると、大きな買い物をしやすくなりますよね。

特に、夏のボーナス後に中古車の需要が高くなりますから、7月は中古価格が上がりやすくなるでしょう。
お盆休みのレジャーに備えて、7月中に中古車を購入したりするわけです。

逆に、12月の冬のボーナスは年末年始と重なるので、他のことにお金を使って車には回さない人もいます。
中古車販売店も年内に売り上げを確保しようとしてセールを行うので、12月には中古価格は下がる傾向にありますね。

安い時期に中古車を購入するときの注意点

先述したように、時期によっては中古車を安く購入することができます。
安いに越したことは無いのですが、気を付けるべきこともあるので覚えておいてください。

中古車が安い時期の注意点

選択肢が狭くなってしまう

中古車の需要が少ない時期には、流通している台数が少ないです。
新車販売のピークを迎える2~3月に中古車の流通量が最大になりますが、その時期に中古車の需要も高まるため状態の良い車両は売れてしまいます。

4~5月には需要が落ち着いて中古価格は下がりますが、自分の欲しい車種が在庫として残っている保証はありません。
あったとしても状態が悪かったりするので、満足のいく買い物ができない可能性があるんですね。

安く買える反面、選択肢が狭くなることを知っておきましょう。

人気の車種は値下がりが少ない

年間を通して人気が衰えない車種は、そこまで価格が落ちないことがあります。
理由としては、値下げをしなくても売れるからですね。

アルファードやヴェルファイア、ハリアーなどの人気車種、ハイブリッドカーなどは、他の車種と比べて値下げが低い傾向です。
他にも、ハチロクやスカイラインGT-Rなど、絶版になって希少性が上がっている車種もほとんど価格が下がりません。

なので、安くなることを期待して待ったとしても、思った以上に安くなくてガッカリすることがあるでしょう。

新車販売ランキングで上位に入っている車種は、2~3月のピーク時に購入したほうが良いかもしれません。
その時期だと台数が豊富ですし、良質な車両が見つかりやすいですよ。

年間を通して価格差が低い車種なら、流通台数が多い時に購入するべきです。

車種ごとに中古価格が安くなる時期を見分ける方法

これまでは、年間で中古車の需要が上がる時期と下がる時期について解説をしました。
世間的な需要の動きを理解しておけば、それに合わせて安く購入できる可能性があるわけです。

ただ、これはあくまでも一般論なので、車種によっては安くならなかったりします。
時期に関係なく需要が変化することもあるため、それを把握しておくと相場よりも安く買える可能性は高いですよ。

中古車の需要が変化するのは、以下のようなタイミングの時です。

中古車の需要が変化するタイミング

モデルチェンジの直後

自動車は、定期的にモデルチェンジを行っています。
2~3年ごとにマイナーチェンジ、5~6年ごとにフルモデルチェンジが行われることが多いですね。

こういったモデルチェンジが行われると買い替え需要が高まるので、中古車市場に旧型モデルが多く流通することになります。
そして、旧型になることで中古車の価格相場も下がりますね。

新しいモデルほど人気があるので、型式が古くなるほど価値が低くなります。
なので、新型モデルが発売された直後は、中古車が安く買えるタイミングだといえるでしょう。

人気車種でも旧型は安くなりますから、モデルチェンジの周期を狙うことをおススメします。

発売から車検のタイミング

欲しい車種が決まっているなら、その車種が発売されてから3年・5年・7年後のタイミングを狙いましょう。
車検を機に買い替えする人が増えるので、中古車市場に多くの台数が出回ります。

中古車販売店でも在庫が増加するため、値下げして販売されることがありますね。
低走行のワンオーナー車なども多いですから、高品質な中古車が手に入るチャンスだといえるわけです。

モデルチェンジと車検の時期が重なれば、かなり狙い目だといえます。
車検の時期を意識する人は少ないため、掘り出し物が見つかりやすいですよ。

リコールなどの問題発覚時

自動車メーカーにおいて、大きな問題が発生することがあります。
最近の例だと、2016年の三菱自動車による軽自動車の燃費データーの不正、2017年の日産による無資格検査などが記憶に新しいです。

こういった事件が発生するとメーカーの信頼が落ちるので、中古車の人気も下がってしまいます。
中古価格も下落しますから、安く購入することができるでしょう。

突発的に問題が発生するので予測することはできませんが、ニュースなどで騒がれ出したら買い時だと思ってください。

良質な中古車を見つけるための方法

運良く安い中古車を見つけたとしても、その車両が不良品だったら意味がないでしょう。
何か問題があるから安い場合もあり、購入後に故障が頻発する可能性も否定できません。

なので、車両の状態を正しく把握して、問題が無いかどうかを見極めることが大切だといえますね。
フレームにゆがみが無いか、エンジンはスムーズに回るか、消耗品の摩耗具合は大丈夫かなど、チェックするべきか所は多いです。

ただ、車の知識がない人だと、正しく状態を見分けるのは不可能だと思います。
中古車は一台一台の状態が異なるので、専門的な知識を持っている人でないと正しく判断することはできません。

そこでおすすめなのは、「なびくる+」という中古車探しサービスです。
自分の代わりにプロが中古車を探してくれるもので、車種や予算を伝えるだけで目当ての車両を見つけることができます。

もちろん、車両の状態や事故の有無なども調べてくれますから、良質な中古車を手に入れることができるわけです。
車についての素人であっても、失敗することはありません。

また、業者オークションの非公開車両のため、店頭価格よりも安く購入することができます。
気に入らなければ返品できますし、最長で10年の保証も付けられるので安心ですよ。

相談は無料ですから、中古車探しはプロに任せることをおすすめします。

なびくる+の中古車探しはコチラ

satei-banner

車を高く売りたいのなら、複数の業者で査定を受けてください。実は、業者によって査定額が全く異なるので、1社だけだと相場よりも安く買い叩かれてしまう可能性があるからです。

複数の業者で見積もりを取れば、それぞれの金額を比較することができます。その中から最も高い業者を選べば、確実に高額査定を受けることができますよ。

私がプリウスを手放した時には、32万円も高く売ることができました。

国内最大手の「ズバット車買取比較.com」なら、最大10社の査定依頼が一度にできます。

もちろんすべて無料なので、必ず利用しましょう。

⇒ズバット車買取比較.comの無料査定はコチラ

satei-logo

hoken-banner

自動車保険を申し込む際には、まず複数の保険会社で見積もりを依頼しましょう。同じ補償無い方でも保険料が全く異なりますし、独自の特典を付けている保険会社もあります。

なので、1社だけで決めてしまうと損をすることが多くなってしまうわけです。

私の場合、複数の会社で見積もりをしたところ、保険料が71,500円⇒19,930円になりました。年間で51,750円も安くなったわけですね。

インズウェブなら、最大20社の見積もりを一括で申し込むことができます。無料で使えますから、賢く自動車保険を選ぶためには必須だといえるでしょう。

⇒自動車保険の無料一括見積もりはコチラ

hoken-logo

フォローする